スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諫早干拓 長崎地裁の裁判官3人が現地視察(毎日新聞)

 国営諫早湾干拓事業(諫干)を巡り、小長井町漁協(長崎県諫早市)など諫早湾内の漁師らが潮受け堤防の開門などを国に求めた訴訟で、長崎地裁の須田啓之裁判長ら裁判官3人が19日、干拓地など現地を視察した。

 10月4日に予定される結審を前に、原告側が現地視察を求めていた。調整池が見渡せる干拓地前面堤防では、国側が「開門すれば調整池に海水が入り、農業用水として使えなくなる」などと説明。原告弁護団側は「十分な対策があれば干拓地に塩害などは起きることはない」などと訴えた。須田裁判長は双方の主張や意見を聞き、熱心に質問をしていた。午後は潮受け堤防などを視察する予定。

 開門調査については、政府・与党の検討委が有明海の異変を調べるため開門調査が妥当とする報告書を赤松広隆農相に提出。農相は今月末にも長崎県を訪問し、近く開門を表明するとみられる。

 同種の訴訟では、08年に佐賀地裁が開門を命じる判決を出し、2審・福岡高裁で審理を継続中。現地視察は佐賀地裁、福岡高裁も実施している。【柳瀬成一郎】

【関連ニュース】
諫早干拓:長崎知事、開門調査は慎重に 農相に申し入れ
諫早湾干拓:堤防開門へ…農相、近く表明
諫早湾干拓:開門調査妥当の報告書 検討委が農相に提出
諫早湾干拓事業:開門へ報告書 「調査1年以上」念頭 政府与党検討委、農相に提出
諫早湾干拓事業:開門調査へ 政府・与党方針、農相近く表明

ホテルで見晴台の床抜ける? 7人落下 山梨・富士吉田(産経新聞)
もう1つのサッカーW杯 トルコで28日から“得点王”ら予選突破へ(産経新聞)
母親、傷害ほう助で書類送検=同居男が男児暴行-三重県警(時事通信)
東住吉・女児刺傷 「包丁は自分から」 容疑者供述 3日前に自転車購入 (産経新聞)
体内にガーゼ25年間放置=腹部手術でミス―長崎市民病院(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターただよしのざわ

Author:ミスターただよしのざわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。